古い専門書にも価値があります。処分する前に!

古書買取

私の実家には、古い学術書や実用書、昭和初期の雑誌や戦前の資料などが沢山ある倉庫がありました。
しかし、家の改修のため、倉庫を壊す必要がでて、大量の古本などの処分に困っていたところに、会社の同僚が、
「それならくまねこ堂に頼んでみたらどうだい。自分も父親の専門書の買取りをくまねこ堂に依頼をしたら、先に依頼した大手の古書店よりも高い金額で引き取ってくれたよ。」
と紹介してくれたので、私も頼んでみました。

こちらのお店は、一定の数量なら出張に来てくれて、即現金払いをしてくれます。確かな目利きで査定をしてくれると評判です。
私の実家の場合は、
・学術書(人文科学や、社会科学。)
・日本料理や中国料理の料理本
・ビジネス書(マーケティングや、マネジメント)
・黒澤明映画のパンフレットや、昭和30年以前の映画のスチール写真。
などを、買い取ってもらい、倉庫が片付いたうえに、臨時収入が入り助かりました。

くまねこ堂さんでは、それ以外でも、
・推理・探偵小説、SF小説(横溝正史や、江戸川乱歩など。)
・美術書・図録(北大路魯山人や榊莫山、バーナード・リーチなど。)
・写真集(ロバート・キャパやアンセル・アダムズなど。)
・浮世絵や錦絵、紙モノ資料(楊洲周延や安藤広重、古い鉄道資料や軍事資料など。)
なども、扱っているそうです。
家の改築や引越、遺品整理などで、古本や映画関連などの処分を考えている皆さんは、くまねこ堂さんにお願いしてみたらいかがでしょうか。

投稿日: