私のプレハブに対するイメージが変わりました

www.gunmajyuken.com

祖母が、以前から所有していた土地を相続したのですが、アパートを建てようして建築業者に見積もりを出してもらったら、こちらの希望していた予算や、工期では建てられないことが分かりました。
どうしようかと思い、知り合いの会社の社長さんに相談したところ、高崎市でプレハブ住宅販売をしている群馬住研さんを紹介してくれたんです。

最初、プレハブ住宅って、工事の現場事務所な感じだろうと思っていたのですが、知り合いの社長さんに連れって行ってもらった、
群馬住研さんの総合展示場で見たプレハブ住宅は、自分の固定概念を変えてしまいました。
・屋根はまったいらでなく、切妻造や寄棟造などの形状をしている。
・外壁や建具も、大手の住宅販売業者の建てた住宅と変われない物を
 使っている
など、本当に感心できるプレハブ住宅を見て、その場で群馬住研さんと契約したくなったのですが、
こちらの会社は、設置場所の調査などをしてからどうですか、言ってくれて、下見のあと見積もりを出してくれたのです。
そのあと、
・若者が喜ぶような間取りや設備
・外観は丈夫で手入れがしやすく。
という、希望を伝えて施工を始めてもらい完成しました。

完成した建物の中に入ったら、ちょうど寒い時季だったのに快適で、入居した方も「これがプレハブ住宅だなんて」と驚かれて、喜んで借りてくれています。

投稿日: